USBの安全な取り外し方法とは


電源がついたまま機器のとりはずしを行う場合

パソコンがハードディスクの書き込みを行っている時に強制終了させたらダメなように
パソコンに接続されたUSB機器を抜くときもしっかりシステムでシャットダウンしてから抜かないといけません。

いきなり抜いたからといってすぐ壊れるということはないと思いますが、精密機器ですので、
壊れる可能性があるし、寿命が短くなる可能性もあります。
それに影響をうけるのはUSBメモリだけとは限らず、パソコン自体や他の接続している周辺機器にも
影響がないとは言えません。
それにパッと見だけではデータの読み込みや書き込みなど行っているかわかりませんので、
もしそれらの作業中にUSBメモリなどの周辺機器を取り外すと、データが破損してしまうこともあります。
ですが「USBの安全な取り外し」を行っておけばそれらのトラブルは回避できます。

少し面倒ですが、パソコンの電源が入っている時にUSBを安全の取り外しする方法はタスクバーのアイコンの中にある
USBケーブルの形を探し、それをクリックすると、接続されている機器の名前がでるので、「~の取り外し」という
文字をクリックします。

そうすれば安全なとりはずしが可能です、と表示されますので、その後は機器をパソコンから抜いても大丈夫です。
ただし安全なとりはずし状態となったUSBはさしなおさないと機能しないため、抜く予定の機器だけクリックしてください。

万一間違えて押してしまっても、パソコン再起動の必要はなく、その機器を抜いてもう一度させばまた使える
ようになります。
また、パソコンの電源を落としてから抜く場合はこれらの操作をする必要はありません。

 

インターネットにつながらない時の原因と対策
パソコンの動作が遅くなった原因と対策
カナ入力が戻らない場合の解除方法
キーボード文字入力が消える現象の直し方
迷惑メール防止の対策方法とは
ゴミ箱から必要なデータを
消してしまった場合の復旧、復元
ゴミ箱が消えた時の復活方法
安全な取り外し方法
文字が大きすぎる、もしくは小さすぎる
パソコンがうるさいとき
LANカード、ケーブルが認識しない
パソコンが勝手に起動する
パソコン、ハードディスクのエラーチェック
デスクトップの画像を変えたい
ログイン時にパスワードチェックがしたい
スマートフォンの電池消費
システムの復元ポイントを作成
TomcatのOutOfMemoryError対策
ApacheとTomcatの連携
ブラクラとは
ハードディスク容量を増やす
熱暴走の対策
TOP