mshta.exe(ワンクリック詐欺)の削除方法


ウィンドウが出ないようにする方法

mshta.exeとは

ワンクリック詐欺と言われるタイプの不正請求を行うファイルで
パソコンを立ち上げると同時に常に画面に出てくる請求画面を
立ち上げます。

正式な料金支払い手順と同意をした場合ならともかくそういった
覚えがないのに請求されたお金を支払う必要はありません。

削除方法

画面を一時的に消すだけならタスクスケジューラで「mshta.exe」を見つけて
終了させるだけでいいですが、おそらく一定時間後に再起動されるかパソコン
の再起動後に復活してくるでしょう。

これはmshta.exeという大元の実行ファイルがあってそれをスタートアップや
タスクスケジューラによって一定時間ごと、パソコン起動時に起動させる
処理まで埋め込まれているためです。

スタートアップやタスクスケジューラから削除するというのも手ですが、
それはそれとして大元のexeファイルが残っているのは気持ち悪いですし、
それさえ削除すれば問題はなくなるわけです。

そのためにはまずスタートメニューからファイルの検索で「mshta.exe」を
見つけて場所を把握してください。

次にそれを右クリック、削除できればいいのですが、おそらくは権限の
問題でできないはずです。

そのため自分の使っているユーザに権限を移行させる必要があります。
それには管理者権限のあるユーザでログインし、スタートメニューから
プログラム、アクセサリ、とフォルダを移動し、「コマンドプロンプト」
を起動します。
この時起動はダブルクリックではなく右クリックをして「管理者として実行」
としてください。

次に権限を移行させるためのコマンドである「takeown /f mshta.exeのパス」
を入力しエンターを押してください。
成功と表示されたら次にmshta.exeを右クリックしてプロパティを開き、
セキュリティタブの詳細設定画面に行き、自分のユーザを選択後、アクセス
許可の変更ボタンを押してフルコントロールにチェックをいれた後適応
させればmshta.exeを削除できます。

インターネットにつながらない時の原因と対策
パソコンの動作が遅くなった原因と対策
カナ入力が戻らない場合の解除方法
キーボード文字入力が消える現象の直し方
迷惑メール防止の対策法
ゴミ箱から必要なデータを
消してしまった場合の復旧、復元
ゴミ箱が消えた時の復活方法
USBの安全な取り外し方法
文字が大きすぎる、もしくは小さすぎる
ブラウザクラッシャーとは
パソコンのハードディスク容量
パソコンがうるさいときの原因、対策
勝手に電源がつく
サーバの再起動、スリープモードを解除する
パソコン、ハードディスクのエラーチェック
デスクトップの画像を変えたい
ログイン時にパスワードチェックがしたい
スマートフォンの電池消費が激しい
システムの復元ポイントを作成
TomcatのOutOfMemoryError対策
ApacheとTomcatの連携
TOP