パソコンが勝手に再起動する原因と対策


windows7サーバの再起動、スリープモードを解除する

Windows Updateの停止

サーバパソコンはWindows Updateを停止させないと頻繁に再起動してしまうため停止させます。
ダウンロードだけしてインストールをしない設定にもできますが、再起動しないと有効にならないので
意味はないでしょう。

「コントロールパネス→管理ツール→サービス」と進み、「Windows Update」を右クリックしてプロパティを開き、
スタートアップの種類を無効にしてください。
これでWindows Updateによる再起動はなくなります。

設定を戻したい場合は同じ手順でスタートアップの種類を自動にしてください。

スリープモードを解除

一定時間操作をしなかったり、ノートパソコンのディスプレイを閉じたりしてスリープモードに移行してしまうと
サービスが止まってしまうため、これを無効にします。

まずデスクトップのアイコンがないところを右クリック、個人設定と進み、右下のスクリーンセーバーをクリックします。
次に電源設定の変更へと進み、オリジナル、もしくは省電力の選択しているほうの右側リンクをクリックします。

そこで「コンピュータをスリープ状態にする」を「なし」にし、「詳細な電源設定の変更」へと進みます。
表示されたダイアログで「電源ボタンとカバー→カバーを閉じた時の操作」で表示されたメニューをすべて
「何もしない」へ変更します。
下記はwindows7でパソコンをスリープさせない設定にした例の画像です。
windows7でパソコンをスリープさせない設定例

これでサーバがスリープ状態にならなくなりました。

インターネットにつながらない時の原因と対策
パソコンの動作が遅くなった原因と対策
カナ入力が戻らない場合の解除方法
キーボード文字入力が消える現象の直し方
迷惑メール防止の対策法
勝手に電源がつく
デスクトップの画像を変えたい
ログイン時にパスワードチェックをする
システムの復元ポイントを作成
ブラウザクラッシャーとは
ハードディスクの容量を増やす
熱暴走対策
水濡れ
ワンクリック詐欺
ゴミ箱から必要なデータを
消してしまった場合の復旧、復元
ゴミ箱が消えた時の復活方法
USBの安全な取り外し方法
文字が大きすぎる、もしくは小さすぎる
パソコンがうるさいとき
パソコン、ハードディスクのエラーチェック
スマートフォンの電池消費が激しい
TomcatのOutOfMemoryError対策
ApacheとTomcatの連携
熱暴走しないために
LANカードとケーブルが認識しない
初期化(フォーマット)とバックアップの方法
タッチパッドを無効化
節電
TOP