パソコン、熱暴走の対策方法


寿命を縮めるようなことがないように

室温を下げる

真夏に暑くても自分は大丈夫だからと窓もあけずクーラーもつけなければ人間は大丈夫でも
パソコンは確実に熱暴走で壊れます。
壊れる前にシャットダウンする事もありますが寿命は縮まるでしょう。

ちなみにIT企業などでサーバという一年中つけっぱなしのパソコンを置いているような所は
一室にサーバを集め、一年中冷房をきかせた寒い部屋で管理しています。

一定時間ごとにPCを休ませる

パソコンの熱暴走の主な原因はcpuから発せられる熱です。

3DCGのレンダリングやオンラインゲームなどCPUを長時間フルパワーで稼働させ続ける可能性のある
作業はあまり続けて行うと故障やパフォーマンス低下の原因になります。

他にcpuがフル稼働する状態になるのは、新しいソフトウェアのインストールやウイルス対策ソフトの
チェック中などです。
これらは短い時間なら問題とならない事が多いですが、これらの作業を何度も続けて行うと
危険な場合があります。

USBクーラーを使う

部屋をガンガンにクーラーで冷やすというのも効果的なんですが、パソコンで熱くなる部分というのは実は
CPU周りのごく一部ですのでそこさえ局所的に冷やしてあげれば問題はないわけです。

そこでパソコンの電気で動くタイプのUSBクーラーを購入してCPU周りに風が当たるようにすればサーバのように
ずっと電源を入れているコンピュータでも結構熱くなくなります。

ただノートPCは使いながらUSBクーラーで冷やすというのは難しいと思います。サーバなら箱をあけるか手で
触って熱くなる部分に風を当てておけばいいでしょう。
電池式や普通の扇風機なんかでもいいですが、局所的に当てるならあまり強い風はいりませんしコスト的に
USBタイプのほうがいいと思います。

おすすめの商品はこちら ↓

【新品】サイズ /USB EZFAN★【auktn】

【新品】サイズ /USB EZFAN★【auktn】
価格:1,961円(税込、送料別)

風圧を自由に変えられますし、とても静かで価格も安いです。

インターネットにつながらない時の原因と対策
パソコンの動作が遅くなった原因と対策
カナ入力が戻らない場合の解除方法
キーボード文字入力が消える現象の直し方
迷惑メール防止の対策法
サーバの再起動やスリープモードを解除する
パソコン、ハードディスクのエラーチェック
ログイン時にパスワードチェックがしたい
スマートフォンの電池消費が激しい
システムの復元ポイントを作成
ハードディスク容量
パソコン初期化
タッチパッドを無効化
ワンクリック詐欺
ゴミ箱から必要なデータを
消してしまった場合の復旧、復元
ゴミ箱が消えた時の復活方法
USBの安全な取り外し方法
文字が大きすぎる、もしくは小さすぎる
パソコンがうるさいとき
勝手に電源がつく
TomcatのOutOfMemoryError対策
ApacheとTomcatの連携
ブラクラとは
LANカードが認識しない
水濡れ
節電
TOP