迷惑メール防止の対策法


フィルタを利用する

フィルタとはあらかじめ指定されたアドレスやフォーマットのメールを迷惑フォルダやゴミ箱にいれて
見なくて済むようにする機能です。

何度も送信される迷惑メールがすべて同じ送信者ならその人のアドレスをフィルタ欄に入れておけばいいし、
受信フォルダに入ったものも一度迷惑メールに移動すればソフトが学習して同じような書式のものを
次からは迷惑フォルダに移動させてくれたりします。
送られてくる迷惑メールの量が少量ならこれで対処できるでしょう。

迷惑メールがあまりに大量になってくるとフィルタをしてもしてもどんどん違うメールアドレスで
送られてくる、ということもありますので、アドレスすべてではなく、ドメイン単位でフィルタをするか、
最悪メールアドレスを変更する、という対策が必要になります。

また、携帯やスマホでdocomoやauなどで契約しているアドレスに対して迷惑メール対策をしたい場合は、
「受信拒否 弱」「受信拒否 強」のようにフィルターをかけることもできます。
まずこれを試してみて、だめなようなら個別メールアドレス、またはドメイン単位でフィルタをしていくと
いいでしょう。

フリーメールを利用する

迷惑メールの最大の対処法はアドレスを変更することですが、プロバイダメールなどは変更が面倒だったりするし、
なにより今までアドレス交換した人たちに変更した旨を伝えないといけないのでできれば変更したくない人が多いでしょう。

ですが、そもそも何もしていないアドレスに迷惑メールが送られてくることはないわけで。
送られてくるには原因があります。

主な原因としては、「掲示板やブログにアドレスを載せた」「WEBサービスに登録した」など
自分で種をまいたという人も少なくないでしょう。

WEBサービスなどは本来登録してもそれが外部に出回ったり第三者に見られたりすることはないはずですが、
今だに一部のサービスでは登録した情報を悪用しようという所があります。

なので、迷惑メールの防止策として掲示板や怪しいサイトへの登録時はあらかじめ専用のアドレスをフリーで
作っておいてそれを利用し、迷惑メールなどで困るようになったら捨てる、というような使い方をすればメインの
アドレスは守られるはずです。

もし何もしていないのに変なメールが来るという人は、文字数を多くした推測されにくいアドレスを使用する
ようにしてみましょう。

インターネットにつながらない時の原因と対策
パソコンの動作が遅くなった原因と対策
カナ入力が戻らない場合の解除方法
キーボード文字入力が消える現象の直し方
迷惑メール防止の対策法
ゴミ箱から必要なデータを
消してしまった場合の復旧、復元
ゴミ箱が消えた時の復活方法
USBの安全な取り外し方法
文字が大きすぎる、もしくは小さすぎる
ブラウザクラッシャーとは
パソコンのハードディスク容量
LANカード、ケーブルが認識しない
パソコンの初期化(フォーマット)
タッチパッドを無効化
パソコンがうるさいときの原因、対策
勝手に電源がつく
サーバの再起動、スリープモードを解除する
パソコン、ハードディスクのエラーチェック
デスクトップの画像を変えたい
ログイン時にパスワードチェックがしたい
スマートフォンの電池消費が激しい
システムの復元ポイントを作成
TomcatのOutOfMemoryError対策
ApacheとTomcatの連携
熱暴走対策
水濡れ
ワンクリック詐欺
TOP