システムの復元ポイントとは、windows7での作成、修復手順


もしもの時のためにデータを記録しておく

システムの復元ポイントとは

パソコンの調子がおかしくなった時にそなえ、問題なく動作している時にその状態を記録しておき、
いざおかしくなったら記録していた時点に戻す事で修復させます。
この記録する時点のことをシステムの復元ポイントといいます。

ただしシステムの復元によって戻るのは設定やソフトのインストール状況だけで間違って消してしまった
ファイルなどは元に戻りません。

レジストリの設定をいじってしまいおかしくなった、よくわからないソフトをインストールして調子が
おかしくなった、という時に利用します。

逆にいえばレジストリの設定を変更する前や怪しいソフトをインストールしないといけない時などは
その前にシステムの復元ポイントを作成しておくといいでしょう。

システムの復元ポイントを作成、修復手順

「コンピュータ」を右クリックし、「プロパティ」を選択後、「システムの保護」をクリックします。
ここから「作成」を押して名前をつけることで現時点のポイントを作成し、いざ修復する時は
「システムの復元」をクリックして記録したポイントを選択します。

システムの復元ポイントはパソコンに重要な変更を加える前や、定期的にやっておくことが理想的ですが、
その分ハードディスク容量が必要になることに注意してください。

もし、システムの復元ポイントを作成していなくてパソコンがおかしくなって元に戻したい場合、
最悪ハードディスクの初期化をするはめになり、非常に手間がかかるため、面倒だと思っても
たまにシステムの復元ポイントを作成しておくのは大切です。

また、復元ポイントを作成しておくと、ファイルを間違って上書きしてしまった場合でも、
「右クリック」→「プロパティ」で表示されるダイアログの「以前のバージョン」タブからファイルを
元に戻すことが出来るので、大事なファイルの内容を失わずにすみます。

インターネットにつながらない時の原因と対策
パソコンの動作が遅くなった原因と対策
カナ入力が戻らない場合の解除方法
キーボード文字入力が消える現象の直し方
迷惑メール防止の対策法
サーバの再起動、スリープモードを解除する
パソコン、ハードディスクのエラーチェック
デスクトップの画像
ApacheとTomcatの連携
ブラクラとは
ゴミ箱から必要なデータを
消してしまった場合の復旧、復元
ゴミ箱が消えた時の復活方法
USBの安全な取り外し方法
文字が大きすぎる、もしくは小さすぎる
パソコンがうるさいとき
勝手に電源がつく
ログイン時にパスワードチェック
スマートフォンの電池消費が激しい
TomcatのOutOfMemoryError対策
TOP