Windowsパソコン、ハードディスクのエラーチェックと修復方法


どうもパソコンの調子が悪い、という時は以下の修復法で改善されることがあります。

まず「コンピュータ(windows XPならマイコンピュータ)を開き、「Cドライブ」や「Dドライブ」など
エラーチェックをしたいハードディスクを選択します。(普通はCが利用されるため、よくわからない人はCを選択)

そこで右クリックをして「プロパティ」を選択します。
表示されたダイアログで「ツール」タブを選択後、「チェックする」のボタンを押してください。

Windowsパソコンでハードディスクのエラーチェックをする方法の参考画像

エラーが見つかった場合、自動で修復してもらうため、表示されたダイアログの印をすべてつけ、
最後に開始、を押しますが、エラーチェックはOSが起動する前に行われるため、チェックを行っている間は
パソコンを操作することはできなくなります。
完了して操作ができるようになるまでには、場合によっては何十分か待たされることに注意してください。
そのため、時間があるときにのみ行ってくださいね。
どれくらい時間がかかるかはドライブのサイズによります。

この方法はデータが消えたりといったデメリットがないため、パソコンの調子が悪い時は初期化を検討する
前のこのハードディスクのエラーチェックと修復をまずやってみることをおすすめします。

それでも直らない場合には初期化を検討するのもいいでしょう。
ですが、初期化はエラーチェックよりさらに長い時間がかかる上、保存していたデータが消えてしまうため、
バックアップをとらないといけないなど面倒なことが多くあります。

インターネットにつながらない時の原因と対策
パソコンの動作が遅くなった原因と対策
カナ入力が戻らない場合の解除方法
キーボード文字入力が消える現象の直し方
迷惑メール防止の対策法
サーバの再起動、スリープモードを解除
デスクトップの画像を変えたい
ログイン時にパスワードチェックがしたい
システムの復元ポイントを作成
ブラクラの対策方法
ゴミ箱から必要なデータを
消してしまった場合の復旧、復元
ゴミ箱が消えた時の復活方法
USBの安全な取り外し方法
文字が大きすぎる、もしくは小さすぎる
パソコンがうるさいとき
勝手に電源がつく
スマートフォンの電気切れ対策
TomcatのOutOfMemoryError対策
ApacheとTomcatの連携
ハードディスクの容量を増やす
TOP