パソコンが勝手に起動する原因と対策


パソコンが勝手に起動する原因と対策

スリープ解除タイマーが原因

デスクトップの何もない所を右クリックして個人設定を開きます。
次に右下のスクリーンセーバーの文字をクリックして表示されたダイアログの「電源設定の変更」を開き、
電源オプションのチェックがはいってる右横の「プラン設定の変更」をクリックします。
次の画面で「詳細な電源設定の変更」へ進み、表示されたダイアログで「スリープ→スリープ解除タイマーの許可」
の項目が「有効」になっていたら「無効」にしてください。

これでスリープ解除タイマーの対策は完了です。

タスクスケジューラが原因

スタートメニューからコントロールパネルを開き、管理ツールへ移動後、タスクスケジューラを開きます。
左側の枠ないで「Microsoft→Windows→Media Center」と選択し、中央の表示から、「mcupdate_Scheduled」
をダブルクリックしてダイアログを開きます。
次にトリガータブを選択、「編集」ボタンから「トリガーの編集」を開き、「タスクの開始」を「ログオン時」に
変更してください。

これでタスクスケジューラの対策は完了です。

コンピュータウイルスが原因

コンピュータウイルスにパソコンが感染していても勝手に電源がつくこともあるようですが、
ウイルス対策ソフトをしっかり更新しているなら可能性としては低いでしょう。

インターネットになぜかつながらない時の原因と対策
パソコンの動作が遅くなった原因と対策
カナ入力が戻らない場合の解除方法
キーボード文字入力が消える現象の直し方
迷惑メール防止の対策法
勝手に電源がつく
サーバの再起動、スリープモードを解除する
デスクトップの画像を変えたい
ログイン時にパスワードチェックがしたい
システムの復元ポイントを作成
ブラクラとは
ハードディスク容量を増やす
ゴミ箱から必要なデータを
消してしまった場合の復旧、復元
ゴミ箱が消えた時の復活方法
USBの安全な取り外し方法
文字サイズが大きすぎる、もしくは小さすぎる
パソコンがうるさいとき
パソコン、ハードディスクのエラーチェック
スマートフォンの電池消費が激しい
TomcatのOutOfMemoryError対策
ApacheとTomcatの連携
TOP